G-LADDER Stock Info.

motorcycle restoration & sales

Triumph Thruxton900(RED)

f:id:G-LADDER:20190213041317j:plain

車検が平成32年7月までありますので、試乗可能です。ご来店の前に<info@g-ladder.net>までご連絡下さい。

f:id:G-LADDER:20190213041433j:plain

もう一台シルバーも在庫しておりますが、シルバーの方はクランクケースカバーがメッキで、こちらはヘアライン仕上げになります。

f:id:G-LADDER:20190213041530j:plain

外装傷も無く良い状態です。

f:id:G-LADDER:20190213041600j:plain

f:id:G-LADDER:20190213041632j:plain

f:id:G-LADDER:20190213041644j:plain

f:id:G-LADDER:20190213041701j:plain

走行16569kmとまだまだこれからです。(試乗、テスト走行等で多少伸びます。)

f:id:G-LADDER:20190213041801j:plain

f:id:G-LADDER:20190213041826j:plain

f:id:G-LADDER:20190213041837j:plain

カスタムもご希望があればご相談下さい。昨年英国で視察して来たなかなかセンスの良い車両の写真を掲載します。

f:id:G-LADDER:20190213041906j:plain

f:id:G-LADDER:20190213042006j:plain

f:id:G-LADDER:20190213042021j:plain

f:id:G-LADDER:20190213042038j:plain

f:id:G-LADDER:20190213042329j:plain

f:id:G-LADDER:20190213042343j:plain

f:id:G-LADDER:20190213042357j:plain

f:id:G-LADDER:20190213042411j:plain

f:id:G-LADDER:20190213042430j:plain

いかがですか?

最後の錆ているタンクは、塗装を剥離して暫く放置して、良い塩梅になったところで、ウレタンクリアを吹いて腐食を止める、とオーナーの方がお話していました。

錆を車やバイクに持ち込むことを英米ではラットスタイルと言いますが、ジーンズと同じで、ダメージのあるモノをカッコ良く見せる技はなかなかのモノがありました。

さて、販売するトラはまだまだ綺麗なので、ラットスタイルは難しいですが(笑)フェンダーレスやペイント等、ご希望があればカスタム致します。

f:id:G-LADDER:20190213042821j:plain

www.goobike.com

Triumph Thruxton900(Silver) (THANK YOU SOLD OUT!!)

f:id:G-LADDER:20180421190638j:plain

f:id:G-LADDER:20190213034847j:plain

f:id:G-LADDER:20190213034900j:plain

f:id:G-LADDER:20190213034915j:plain

低走行、ETC装備、フルノーマルのスラクストン入庫しました。もう一台赤もあります。キャブレターの様に見えますが、インジェクションです。
キャブの味わい、エンジンフィールの良さも捨てがたいですが、寒い時でもセル一発で簡単に始動するのは、やはり助かります。

f:id:G-LADDER:20190213035113j:plain

ボンネビルに比べてやや圧縮の高いエンジンで、馬力も少しだけアップしていますが、数値以上に速さ、スムーズさを感じるマシンです。

f:id:G-LADDER:20190213035208j:plain

ドコドコと低回転の鼓動感を味わう、というよりはツインらしいトルク感のある蹴り出しの良いエンジンフィールを味わいつつ、かっ飛ばすマシンという印象です。

f:id:G-LADDER:20190213035312j:plain

ですが、ポジションは見た目よりは前傾ではないので、割とリラックスして乗れます。その辺りは流石にバイクを良く知るトライアンフならではの味付け、という感じがします。モトグッチもですが、古いエンジン形式の良さを存分に引き出すトータルバランスの良さを感じます。

 

ところでトライアンフといえば英国ですが、昨年英国へバイク関連の視察へ行って参りまして、その時に見学した貴族の庭を借りて行われていた草レースの様子を紹介します。

f:id:G-LADDER:20190213035754j:plain

f:id:G-LADDER:20190213035633j:plain

f:id:G-LADDER:20190213035650j:plain

f:id:G-LADDER:20190213035710j:plain

f:id:G-LADDER:20190213035851j:plain

f:id:G-LADDER:20190213035912j:plain

f:id:G-LADDER:20190213035932j:plain

いかがですか?

何もそんなに重たいバイクで草むらを走らなくても良いのに(笑)と思わず突っ込みたくなってしまいますが、皆さん思い思いのバイクで草レースを楽しんでいました。

因みに比較的新しい白いトライアンフに乗る方が異常に速くて、とても注目を浴びていました。

スクランブラーじゃなくても、ボンネビルにブロックタイヤを履かせるだけでもカッコ良いですね。

f:id:G-LADDER:20190213040259j:plain

f:id:G-LADDER:20190213040310j:plain

f:id:G-LADDER:20190213040314j:plain

f:id:G-LADDER:20190213040328j:plain

f:id:G-LADDER:20190213040422j:plain


という訳で販売するスラクストンは細部までなかなか良い状態を保っています。

現状フルノーマルですが、各種カスタムのご希望があれば対応いたします。

www.goobike.com










CB750(RC42)モリワキ/ETC (THANK YOU SOLD OUT!!)

f:id:G-LADDER:20180421190638j:plain

f:id:G-LADDER:20190213030624j:plain

道の駅とかサービスエリアなんかで、観光バスで来たおじちゃん、おばちゃんに
 
「これ何シーシー?」
 
と聞かれて、
 
「書いてあんだろーが、大して興味もねーくせに面倒くせえな、失せろ、F●CK OFF!!」
 
と心の中でグチりつつも、
 
「1100ccですよ~(^^)」
 
と作り笑いで答えたことのあるバイク乗りも多いかと思いますが(笑)排気量といえば、私は幼稚園の頃に、近所のクソガキが、
 
「パパのマーク2は1900でもって~」
 
と変な日本語で、我が家のスバルR2(360cc)を見下しつつ、自分ちの車の排気量を自慢していた遠いあの日を思い出します

f:id:G-LADDER:20190213031035j:plain

そんな風に日本ではかつて「排気量が大きい程偉い」という神話が幼稚園児にまで浸透しておりましたが、最近では、ハイブリッドや電気の車も増えて来たことと、白物家電化して車に興味の無い方も多いので、排気量至上主義を唱える方々は絶滅しつつあります

f:id:G-LADDER:20190213031110j:plain

さてさて、そんな訳で写真のバイクはCB750、ナナハン=750ccです
 
ナナハンは昔は日本では最大排気量で、最も偉いとされていました
 
ナナハンという言葉はバイク乗り以外にも広く世間に広まって、ナナハンライダーなんて漫画もあったくらいです
 
このCB750は最後のホンダの空冷4気筒、キャブレターのナナハンで、これぞバイクのど真ん中、というマシンです
 

f:id:G-LADDER:20190213031145j:plain

ほぼノーマルですが、モリワキマフラーを装着してあります
 

f:id:G-LADDER:20190213031203j:plain

JMCA適合で、勿論車検対応です 良い音ですが人様の迷惑になるようなことはありません

f:id:G-LADDER:20190213031426j:plain

f:id:G-LADDER:20190213031440j:plain

タイヤ、チェーン、ブレーキ等は新品ではありませんが、まだまだ十分使えるかと思います。

f:id:G-LADDER:20190213031520j:plain
フロントフォークのオイルシールは多少滲みがあったので、オイルシールとフォークオイル交換を含む、オーバーホールを致しました。

f:id:G-LADDER:20190213031532j:plain

外装は比較的綺麗な状態を保っています

f:id:G-LADDER:20190213031610j:plain

走行は14547km

f:id:G-LADDER:20190213031636j:plain

ETC装着済です

ところで、

19歳の頃、大学受験に失敗した私は、形だけは御茶ノ水の予備校に籍を置き、兄のお下がりのXL125Sで競馬新聞の配送のバイトをしつつ、明け方までバンド仲間と練習に明け暮れていました。

f:id:G-LADDER:20190213032033j:plain

当時の予備校は、人気の授業は黒板の上にカセットレコーダーがずらりと並び、履修出来なかった生徒は廊下で聞き耳を立てるくらいの、殺気立った激しい受験戦争の真っ只中。
 
私は敢えて人気の無い授業を選んで、夜のリハに備えて、机に突っ伏して寝ていることが多かったですが、講師は高校と違って、サボっている生徒に手を差し伸べてくれる訳もなく、私は教室の一番後の隅の席に座って、眠れない時は、退屈しのぎに、机に落書きをして遊んでいました。
 
よく描いたのは、当時大流行していた漫画「バリバリ伝説」の影響で、HONDA CB750Fでハングオンしているところを正面から見た絵。

f:id:G-LADDER:20190213032226j:plain

頭の中の記憶だけで描くので、細かい部分は適当でしが、ウインカーとダブルホーンの間にあるヒートシンクみたいなデザインの飾りだけは、いつもしっかりと描いていました。
 
そんなある日のこと。
 
いつもと同じ教室の一番後の席に座ると、私の落書きの横に
 
「授業つまんねーよな。バイク乗ってるの?いつもどこそこのコーナーで走ってるから遊びおいでよ!」
 
みたいなメッセージと地図が描かれていました。
 
返事を書いたかどうかは、もう忘れてしまいましたが、CBといえば、そんなあの頃の日々を思い出します。
 
という訳で、またまた脱線してしまいましたが、今回仕上げたRC42は、マフラー以外はほぼノーマルですが、一箇所だけ拘りでカスタムしてあるところがあるんです。
 
それはRC42には無くて、Fにはあるホーンの間の飾り。

f:id:G-LADDER:20190213032346j:plain

機能的には何の意味もありませんが、RC42は無粋なステーが丸見えになっていて、暗くて見え辛い場所ではあるんですが、デザイン的にはイマイチ。
 
そこで、純正の樹脂パーツは既にメーカー欠品していたので、アルミ削り出しの同形状の社外品のカバーを、一部加工して装着してあります。

殆ど分かりませんが、私のちょっとした拘りです。

f:id:G-LADDER:20190213032420j:plain

 

f:id:G-LADDER:20190213032503j:plain

f:id:G-LADDER:20190213032529j:plain

f:id:G-LADDER:20190213032541j:plain

車検2年付、整備済での販売です。宜しくお願い致します。

www.goobike.com





HONDA Little Cub ホンダ リトルカブ プコブルー2

好評のプコブルーのリトルカブ入庫しました。

f:id:G-LADDER:20190120031927j:plain

 

3速セル無しインジェクションのシンプルでタフな仕様です。

f:id:G-LADDER:20190120031959j:plain

状態は画像の通り、なかなか良いコンディションです。

f:id:G-LADDER:20190120032018j:plain
レッグシールド、ハンドルグリップ、タイヤ、エアクリーナーは新品に交換致しました。

f:id:G-LADDER:20190120032206j:plain

f:id:G-LADDER:20190120032218j:plain

機関好調です。オイル交換を含め、点検整備後のお渡しになります。

f:id:G-LADDER:20190120032310j:plain

マフラー錆や傷も無く状態良好です。

f:id:G-LADDER:20190120032340j:plain

f:id:G-LADDER:20190120032352j:plain

純正フロントキャリア

f:id:G-LADDER:20190120032412j:plain

f:id:G-LADDER:20190120032423j:plain

レッグシールド新品です

f:id:G-LADDER:20190120032449j:plain

メーター、ハンドル周り綺麗です。

f:id:G-LADDER:20190120032515j:plain

オリジナルキー2本

f:id:G-LADDER:20190120032536j:plain

f:id:G-LADDER:20190120032554j:plain

ご購入後のメンテナンス、カスタムも承ります。

f:id:G-LADDER:20190120032629j:plain


www.bikebros.co.jp

 

FTR223 カスタムペイント スーパートラップ

f:id:G-LADDER:20190103023814j:plain

FTR223カスタムペイント車。パワーのある初期型です。

f:id:G-LADDER:20190103023847j:plainFTRはYAMAHAのTWと同様に、本来のオフロードバイクとしてではなく、街乗りバイクとして売れましたが、やはり本来の姿へ戻してあげたくなります。

f:id:G-LADDER:20190103024047j:plain

この車両は、そういう訳で、ありがちなスカチューンは避けて、純正のゼッケンプレートを採用、本来のフラットトラッカーのスタイルをキープしつつ、カスタム致しました。

f:id:G-LADDER:20190103024238j:plain

スーパートラップは、煩さ過ぎず、トルク感もアップして、とても子気味が良い乗り味になっています。

f:id:G-LADDER:20190103024333j:plain

f:id:G-LADDER:20190103024347j:plain

ペイントは分厚いウレタンクリアで覆われており、無粋な段差も無く、大変美しい仕上がりです。

f:id:G-LADDER:20190103024426j:plain

トライアル車用のアンダーミラーを採用。ハンドルが広く、タンクが細いので、ミラーがタンクに干渉することもなく、慣れると、普通のミラーよりも死角が少なく、真後ろの確認がとてもし易いです。

f:id:G-LADDER:20190103024555j:plain

走行僅か6648km 

f:id:G-LADDER:20190103024636j:plain

フロントフォークとフロントブレーキマスター、ブレーキキャリパーはオーバーホール致しました。

f:id:G-LADDER:20190103024716j:plain

社外ミニウインカー

f:id:G-LADDER:20190103024744j:plain

写真ではリアタイヤ交換前ですが、新品に交換致します。フロントはまだ山があるので交換しておりませんが、ご希望であれば、費用は別途になりますが、新品交換致します。

www.goobike.com



HONDA Monkey Z50J 12V CDI 4速マニュアルクラッチ 1995~1998モデル (THANK YOU SOLD OUT!!)

f:id:G-LADDER:20180814022200j:plain

f:id:G-LADDER:20190103022444j:plain

12V CDI 4速マニュアルのモンキーです。

f:id:G-LADDER:20190103022551j:plain

製造年は車体番号から1995~1998年になります。

f:id:G-LADDER:20190103022623j:plain

この辺りの年式のノーマルで状態の良い車両は少なくなって来ましたので、探すのとレストアするのがやや大変になって来ました。

f:id:G-LADDER:20190103022720j:plain

こちらの車両は、ベース車両よりも状態の良い同年式のシート、タンクを調達して変更、錆びて固着していたハンドルを社外品に交換。

f:id:G-LADDER:20190103022923j:plain

ハンドルはノーマルよりも、ほんの少し絞られています。またハンドルが固定されている部分(通称クルクルハンドル)も社外品ですが、この部分に関しては純正品よりも、社外品の方が錆が出難いように思います。

f:id:G-LADDER:20190103023108j:plain

ウインカーも錆が多かった為、社外の新品に交換しました。

f:id:G-LADDER:20190103023144j:plain

シート破れありません。

f:id:G-LADDER:20190103023208j:plain

f:id:G-LADDER:20190103023221j:plain

タンクは多少傷がありますが、大きな凹みはありません。また内部は錆も無く、状態は良好です。

f:id:G-LADDER:20190103023301j:plain
キーシリンダーはノーマルが腐食して接触不良、空転状態が起こっていた為、社外品の新品に交換してあります。

f:id:G-LADDER:20190103023421j:plain

走行5433kmです

f:id:G-LADDER:20190103023451j:plain

フロントフォークオーバーホール、前後タイヤ新品です

f:id:G-LADDER:20190103023519j:plain

キャブレターオーバーホール、燃料ホース、クランプ新品です。

f:id:G-LADDER:20190103023552j:plain

ハンドルグリップ左右も新品。

f:id:G-LADDER:20190103023618j:plain

チェーンも新品です。

f:id:G-LADDER:20190103023643j:plain

f:id:G-LADDER:20190103023703j:plain

 

HONDA Monkey スペンサーカラー限定車 12V CDI 4速マニュアルクラッチ仕様 2004年モデル

f:id:G-LADDER:20181230220448j:plain

1982年、AMAスーパーバイクデイトナ100マイルレースにおいて、フレディースペンサーのライディングにより優勝した「CB750F」のカラーリングを施したスペシャルカラーの限定車です。

f:id:G-LADDER:20181230220717j:plain

ホイール、ハンドル、マフラー、ミラー、キャリア、ウインカー等がブラックアウトされて、リアサスはレッドに塗装されています。

f:id:G-LADDER:20181230220827j:plain

この車両はビスの一本まで、フルオリジナルな状態を保っています。

f:id:G-LADDER:20181230220939j:plain

f:id:G-LADDER:20181230220957j:plain

f:id:G-LADDER:20181230221014j:plain

f:id:G-LADDER:20181230221113j:plain

シートはカーボン調の特別仕様。

f:id:G-LADDER:20181230221318j:plain

走行僅か370km

f:id:G-LADDER:20181230221346j:plain

f:id:G-LADDER:20181230221402j:plain

f:id:G-LADDER:20181230221421j:plain

f:id:G-LADDER:20181230221503j:plain

タンク上面とキーにはフレディースペンサー氏のサインがデザインされています。

f:id:G-LADDER:20181230221547j:plain

ノンレストアのフルオリジナルの希少な車両となっております。

www.goobike.com